MENU

 自分の心の中ではエッチに対しての興味は凄く強くて、オナニーも中学生の頃から日々欠かさずやっていました。
性的な快楽と言うものは、本当に気持ちが良くて夢中になって弄り続けてしまう事が多くなっていました。
セックスを経験したらもっと気持ちよくなれるのかもしれない、男性に抱かれたら全然違った快楽があるのかもしれない、そんな妄想は日々膨らむ一方でした。
だけど性格が内向的だったこともあって、積極的にセックスを求めるという事はありませんでした。
決してモテないというタイプではないと思います。
中学でも高校でも告白をされるような事はありましたから、だけど男性と付き合うという事に対して恥ずかしさとか怖さがあったからなかなかできませんでした。
たまにお付き合いをしても、やはり男性が求めてきたりもして怖くなってしまって破局になるというパターンは何度か経験しました。
怖いという気持ちはあるんだけれど、やっぱり性的な事への関心はとっても強く持っていたのは事実なのです。
もっと気持ちよくなりたいという心の動きは常にありました。
オナニーも毎日のようにしていましたから、心の奥底ではエッチな事をたくさんしたいと思っていたのです。
大学生になってからは、多分気持ちも楽になるから関係を作ることができると思いましたが、それでも内向的な性格は変わるわけもなく、結局処女のままでいました。
友達たちは経験をした話を楽しそうに女子会でしているし、私と友達だけがその話にはついていけないって感じだったのです。
だけどその友達がまだいましたから、安心感を持っていました。
2人して処女のままでいる事ができるかもしれない、そう思っていたのです。
だけど、彼女こっそりと経験を先にしちゃったみたいで、ついに周囲で処女なのは自分1人になってしまったみたいなのです。
1人で取り残されてしまったことで、寂しさを感じるようになってしまっていました。

 

スマホで安全にセフレを見つけたい人におすすめ!
セフレアプリBEST5
おすすめアプリ